4歳よりエレクトーンとピアノを学び、15歳よりシンセサイザーで打ち込みを始める。

音楽専門学校卒業後、DIR EN GREY のマニピュレーター及びサポートキーボーディストとしてキャリアをスタート。2004年より作曲、編曲活動を始める。

2010年に "m-taku" 名義でインストゥルメンタルアルバム『Astral body』をリリース。iTunesの週間ダンスチャートで10位を記録する。現在はCM、映像音楽を中心に楽曲を提供している。

田熊理秀

Composer Masahide Takuma started learning the electronic organ and piano at the age of 4, and began programming with a synthesizer at the age of 15.

After graduating from a music college, he started his career as the manipulator and support keyboardist for DIR EN GREY. Since 2004, he began composing and arranging music. In 2010, he released an instrumental album called "Astral Body" under the name "m-taku", which ranked 10th on the weekly dance chart of iTunes. Currently, he is primarily providing music for commercials and soundtracks of the films and TV shows.